セフレ欲しい人に教える即イケるセフレの作り方

出会い系サイトを利用していると、「セフレになってくれる人いませんか?」というような書き込みを目にします。
こういうことを書き込むのはどちらかというと男性の場合が多いのですが、女性だってセフレ募集の誘い文句を書き込んでいます。

◆まずは出会いを

掲示板には性別も表示されるので、ネカマではない限り、僕が見かけたあの書き込みは女性の手によるものでしょう。

出会い系サイトを利用して出会いを実現するというのは、口で言うほど簡単なことではありません。
もちろん、出会い系サイトというものがすごく便利なサイトであることには変わりがないので、サイトを効率よく活用して、素敵な出会いを実現している人はたくさんいると思います。
けれども、同じように出会い系サイトを利用していても、出会いが無いと嘆いている人は大勢いるのです。
出会いがある人とない人の間で、あまりにも差が激しいんですよね。

出会い系サイトを利用している人はたくさんいて、それに対応するような形で、出会い系サイトそのものもたくさんの種類があるわけですが、あまりにサイトの数が増えすぎて、新しく出会い系サイトに登録したいと考える人は、いったいどのサイトを選ぶべきかという問題に直面して非常に悩むと思うのです。

サイト選びに困った人のためにこそ、出会い系サイトの情報を集めたランキングサイトや、あるいは口コミサイトのようなものがあります。
いくつかある情報ポータルサイトのうち、同じような情報が複数のサイトに書かれているなら、そのサイトの記述は多少は信用できるということになります。
ただ、口コミの中にはとんでもないことを書かれているものまであり、それがまったくねもはもない完全な悪口であるにもかかわらず、それを読んだ側は不安になってしまうのです。
ここまでサイトのことをボロクソにけなす利用者はたいてい、自分がそのサイトを利用しているにもかかわらず、一向に素敵な出会いに恵まれないとか、あるいは、サイト内で知り合った彼女にあっさり振られたとか、そういう暗い過去を持っている場合が多いのです。
自分がとある出会い系サイトを利用して出会いが実現できず、そのことに関して当然ながら不満があるため、自分が利用している(あるいは、かつて利用していた)出会い系サイトのことをボロクソにけなすわけです。
別にサイトの悪口を書かずにはいられない……その心理はなんとなくわかるような、やっぱり分からないような。
ネット上に悪口を書いたのは誰か、という問題が常に解決できればいいんですけど、書き込んだ真犯人が分からないので、悪口の書き込みも終わらないのです。

サイト選びに関してまとめます。
たくさんの出会い系サイトがひしめき合っている中、自分にとって本当の意味で優良なサイトを選び出すためには、多くの人たちが長い間にわたって使い続けてきた有料の老舗出会い系サイトがベストかと思われます。

◆セフレと出会いたがっている女性の特徴(自慢話をする人)

セフレを欲しがっている女性は、実際に出会い系サイトの中に会員として存在しています。
しかしながら、出会い系サイトを利用している全ての女性が、あなたにとっての良いセフレ候補になるわけではありません。
あなた自身と同じ目的で出会い系サイトを利用している人、それもできるだけ候補をたくさん見つけなければ、セフレ探しの長旅は難しくなるでしょう。

だいたいにおいて、自分の話ばかりしている女性は、ちょっと自意識過剰でなおかつさびしがり屋という、そういう女性です。
こういうタイプがセフレとしてなじみやすいという話を以前に聞いたことがあるのですが、私自身はセフレというものを自宅に囲った経験などがないため、なんとも言えません。
ただ、私の友人も出会い系サイトを利用しているのですが、彼がサイト上で知り合った女の子は典型的にこのタイプです。
本当に自分の話をひっきりなしにするんですよ、喋り出したら止まらないタイプで、会話の中にけっこう自慢話も多いのですが、友人いわく「とにかくかわいいからそういうところも全て許せてしまう」ということなのだそうで。
まあ、彼がここまで真剣に惚れると言うのも十分に納得です。
本当にかわいい子ですからね。

基本的に、多くの女性たちは、自慢話を嫌います。
それはもちろん、女同士で話をする場合だって同じです。
自慢は男性の専売特許であると考える人だっているかもしれませんが、もちろん女性の中にだって、自慢話をすることが生きがいである、という人がいます。
女同士の会話の中で、自慢話ばかりするわけですよ。
最初のうちはまだ何とか聞いていられても、やがては同じ話を繰り返して何度も聞かされるという事態になってくると、話を聞かされている側がだんだんとうんざりしてきます。
その結果、自慢話ばかりしていた人は、自分の話を聞いてもらえなくなります。
それがさびしくてたまらないので、もういっそ出会い系サイトを利用して、自慢話をじっくり聞いてくれる男性が現れるのを待とう、という気分になります。

セフレと出会いたがっている女性は、失恋直後である場合が多い

これもタイトルどおりですが、セフレと出会いたがっている女性は、失恋直後である場合が多いのです。
これは私自身が、いろいろな女性と「メル友として」コミュニケーションを取り続けてきた結果、分かってきた心理です。
セフレと会いたがっている女性というのが、そもそも本当にいるものなのかどうか、その点を機にされている人は多いと思いますが、実際、セフレと出会いたがっている女性はいます。
男性とはちょっと感じ方が違うのですが、女性にだって性欲はありますし、失恋を経験すればショックも受けるでしょう。
ショックの受け方にも個人差はあるでしょうが、感じたショックがあまりにも大きすぎて受け止めきれず、ストーカーになっていつまでも振られた男性に付きまとうという女性もいます。

ストーカーは立派な犯罪ですが、どうしても「セフレをストーカーするのは男性だけだ」というイメージがありませんか?
私の頭にはずっとそんなイメージがありました。
けれども、世の中にはいろいろな人がいるので、ストーカーという行為に走ってしまうのは、必ずしも男性だけとは限らないんですね。
もちろん、大多数の人はまともな神経を持っているはずですから、たとえ失恋したからといって、例えば元のパートナーをやたらとつけ回したりというようなことはしないはずです。

けれども、会いたい時にいつでも会える恋人がいた、という状況から失恋によって転落すると、初めての恋人ができるまでは分からなかった空しさに押しつぶされそうになる日々が続きます。

こんなにつらい思いをするなら、いっそのこと恋人同士のお付き合いなんかしなければ良かったと思うわけです。
けれども、そんなことは口先だけのいいわけです。
仮に時間を巻き戻して、犯した失敗を見事にやり直せるチャンスが到来したとしても、きっと愚かな人間は同じ失敗を繰り返すはずです。
結局のところ、下手な鉄砲を数撃てば当たると言うのではないのですが、一度くらい振られたからといって決してあきらめることなく、絶え間ないチャレンジを続けることが肝要なのですが、一度でも失恋を経験してしまうと、どうしても「次の恋をスタートさせるための気力」というものが湧いてこなくなります。

一応のところ、老舗の優良出会い系サイトに登録し、次の恋に向けたスタートを切る準備はしているのですが、これもポーズに終わってしまう……といううちに、性欲を処理するだけだったら、なにもムキになって恋人探しをする必要はないだろうという結論に落ち着きます。
だからこそセフレの出番だというわけです。
真面目な恋を再スタートさせる気力はどうしてもないけれども、新たな恋を始めるより前に、セフレとの緊密な関係を築きたい、そしてそのパートナーを性欲処理のための道具として使おうと考えている女性も、この世にはやっぱりいるわけですよ。
まるで男性みたいな考え方ですけれども、このように男性的な思考回路を持つ女性こそ、セフレの候補としてふさわしいということになります。
失恋直後で、なおかつそのことを聞いてもいないのにやたらともうアピールしてくる女性は、要するにさびしがり屋ということなので、どれだけ面倒でもしっかりと相手の話を聞いてあげて、共感を示すようにしてください。
失恋直後の女性は狙い目ですよ。

◆セフレにするなら人妻が狙い目

若い女の子だってたくさん、出会い系サイトを利用しているのは間違いありません。
特に、老舗の優良サイトだったら、安心して多くの人が使えます。
けれども、若い女の子ってやっぱり、セフレ目当てで出会い系サイトを利用しているということが少ないんですよね。
若いころ、女性たちは特に恋に関して胸のうちに夢を秘めています。
この夢がはかなく散るまでにはある程度の時間がかかるわけですが、散ってくれない限り普通の男性にはお付き合いのチャンスがなかなか巡って来ないということになります。

女性たちがどういう夢を描いているのかといえば、恋愛に関する誇大妄想です。
異性に対して要求するレベルが非常に高いんですよね。
自分の値打ちを勘違いしていると言ってもよいくらいですが、この勘違いは歳を重ねるごとに消えていくので、そうすると、若い女の子よりも人妻の方が「セフレとして付き合いやすいターゲットということになります。

人妻にももちろん若い時分というのはあったはずなので、大きな夢を心にたくさん抱いていたことでしょう。
けれども、時間の経過とともにはかない夢を少しずつ手放して言って、最後に残った欲望が性欲なのです。
特に女性が声を大にしてこういうことを言えばひんしゅくを買うみたいなのですが、要するに性的な欲求不満が溜まりに溜まって、やりたくて仕方がないのです。
もう、人妻になってしまえば処女をささげる相手も、貞操を守る相手もいないわけですから、性欲だけがその体に残るのです。

性欲処理のための相手は、おそらく結婚相手にはなりえない。
気持ちよくしてくれれば誰でもいいし、体の相性が一致するなら何でもいい。
単純にして究極の欲望は、しばしばセフレを求めて出会い系サイトを利用している男性とも利害が一致します。
だから、人妻はセフレの候補として狙い目なのです。
やりたい者同士、変な意味で気を使いすぎると言うこともないから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加